~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

11月30日「シャンソネット」<ラマンダ>(自由が丘)

歌:嵯峨美子 ほさか夏子 高木椋太 松城ゆきの
演奏:ラマンダカルテット


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

今日は亡母の誕生日

「家族」ジャンルで書いてはいるが、写真の猫は家族ではないぞえ。ご近所の猫「ハルヨちゃん」だ。この界隈で触らせてくれる唯一の、出自は多分ノラの猫たんだ。散歩に出かける時はいつもハルヨちゃんを触って行く。今日ももちろんハルヨちゃんコースだ。近頃猫とのツーショットが流行っているようなので、私も一枚とハルヨちゃんに迫るのだが、そこは元ノラ、抱かれたりじっとしいるのが苦手、無理矢理撮らせてもらったのがこれ。あはは、確かに嫌がっておるわい。

2月11日は亡母の誕生日。
母はいつも男の恰好していたので、彼女のバイクの後ろ姿を見て、子供が「あのおばさん、おじさんけぇ?おばさんけぇ?」と言ったことがある。働く女だった。そんな彼女に小学生の頃、誕生日のプレゼントを渡したことがあった。男物の茶色のシャツだった。
「なんでこんなもん買ってくるんだ」「誰の金だと思ってるんだ」
照子さんは、多分そんなようなことを言った。以来、母の誕生日にプレゼントをしたことがないと思う、多分。そのこと以来、かどうかはコジツケのような気もするが、私は誕生日プレゼントを、誕生日を格別と思わなくなった。ただの一日。「特別な日だけど、ただの一日」と言い聞かせる日。自分のことならまだいいんだが、人さまのことまでそんな感覚でいる。唯一、熊本にいるHにだけは毎年贈っているが、それは彼女との絆がまだ繋がっているよという意思表示のため。H、元気にしてる?

「照子さん」と今日も声をかける。毎日毎日、思い出さない日はない。声をかけない日はない。