~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 春が来た

ウチの庭は冬は日がささないので、花たちは他より咲くのが遅い。クリスマスローズは咲いているのだがそれはまだ「冬」の延長、ウチで「春」を一番に告げてくれるのはこのクロッカスである。黄色が一番に咲き、そして紫、やっと紫の斑入りも咲きだした。

長いこと待った春。「待つ」っていい。「芽はまだでぬか」と休憩にタバコをふかしながら毎日何度も土とにらめっこ。芽が出たら今度は「蕾はまだでぬか」と毎日にらめっこ。やっと咲いてくれた時の喜びはひとしおだ。

そういえば待ち合わせをして人を「待つ」こと、昔とは変わってしまったね。今ではケイタイですぐ連絡がとれるから、やきもきしたりしない。「時間を間違えたのかしら。何かあったのかしら。ひょっとして嫌われた?」とか、あらゆる理由を考えながら「待った」時代が懐かしい。そんな歌も作ったことがあったっけ。ああいう時間もいいものなんだがなぁ。。。