~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 小麦粉ホリック

美味しいパン屋ができてもう何年になるか。小さな店舗から対面のここへ移転し、2店舗分に店を広げた。時折夫がバゲットを買ってくる。もう駅ビルまで買いにいかなくてすむ。でも美味しいから、私はあまりこの前を通らないようにしていた。だって行ったらたくさん買い込んでしまうんだもの。実はわたくし、菓子パンが大好きなのである。ケーキよりも菓子パンなのである。白いご飯に醤油と油、芋にバター、小麦粉にバター、ああ、なんて炭水化物と油って相性がいいんだろう。陳列棚を見ているとあれもこれもとついつい買ってしまうことになるのだ。そしてなんと、一度にたいらげてしまうことになるのだ。

甘いものもクセになるが、小麦粉もクセになる。しかしパスタだの麺類は翌日必ず体重アップに繋がるので、それは控えている。なるべく納豆ご飯ですます。ところが「正月」という特別な時期がやってきてしまった。煮豆や汁粉ですっかり「糖質欲しい体質」になってしまっているのに、何を考えたか、正月料理に飽き餃子の皮で「サモサ」を作ってしまった。それが小麦粉連鎖の始まりであった。餃子の皮が余ったからチーズを包んで揚げる。美味しくないリンゴを買ってしまったので煮てアップルパイを作る。その生地が余ってしまい冷凍しておくが、日を置かずにまた作ってしまう。サンドイッチを作り、耳がもったいないと大量のオリーブオイルで焼いて食べる。揚げ物をした残りの小麦粉と卵を焼いて食べる。あまつさえその間カステラ・パウンドケーキ等の菓子も食べているというのに、わざわざパン屋に出かけ二度も大量に菓子パンを買ってくる。すっかり小麦粉依存症となってしまった私はもう何もないと我慢できず、美味しいものを買いに出かけるという行為さえ面倒になり、小麦粉と卵とココナッツミルクと砂糖を混ぜ、ただ焼いて食べる。ああ、この連鎖、どこかて断ち切らなければ!