~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 100円コートの染色

「私の100円ショップ」こと「YSトレーディング」で100円のコートを買った。肩と襟のあたりが日焼けで白っぽくなっているのを承知の上だ。「ワケありブランド品コーナー」で最初に見かけた時はその焼け具合を見て買わずに帰ったのだが、染めたらイケルんじゃぁないかと思い、後日買いに出かけたというわけ。そこまでして、とお思いの方もおられるやも知らぬが、まあものは試し、やってみたかったのよ。100円だしな。

これがその焼け具合。夕方で電気をつけての撮影であるが、我が家の電色が映っているわけではなく、こういう具合に焼けていたのだ。自然光ならもっと目立つ。

7日、染料を買いに「橋本要助商店」へ。いやあ、なかなかのプロです、ここのお方。「素材は何ですか?」と聞かれたが、調べていなかった私。「日焼けなら綿が入っているはずですよ。」とおっしゃる。「ポリエステルなら云々、アクリルなら云々」とご教授頂いたが、それらは頭を素通り。とりあえず勧めてもらった綿用の染料を購入。帰ってタグを調べると、なんとやはり、綿60%ポリエステル40%だった、さすがだ。

で、8日に染めようと腰を上げ、染料の説明書を読んだ。そうなんだあ、ポリエステルが入っている場合は「促進材」を使えとある。さっそくそれを買いに要助商店へ行くが、お休み。翌9日に再度赴くが、お休み。夏子、ちゃんと読めよぉ、「日曜・祝日休業」の張り紙があるじゃないかぁ、ったくぅ。そんなわけで10日、外食の帰り道に購入し、帰宅して染色が始まったというわけ。

ところが、使おうと思っていた洗い桶、容量が足りない。これからも使うかもしれないし、アルミの大鍋を買っておこうとまた買い物へ。しかしそれは私の予想以上に高く、染色のためだけにそれを買うなんてもったいなくてできなかった。帰り道、何か使えるものなかったかなぁと思案。そうだ、漬物用のホーロー容器があった。また漬物用に使うには、よく洗えば大丈夫だと思うし、なんなら厚手のビニールを中に入れてもいいし。決まりだ。

裏地が袋状についているので空気を孕み、こんな風に浮いてきて染めづらかったが、手袋をはめ布地を出しては回し入れ、先染めと促進材入りと定着材入りと、ふう、なんとか終了。乾くのが楽しみ。

ほらやったぁ、ね、違うでしょ染める前と。これなら着られる♪ 染色前の写真は先のものしかなかったので、なるべく撮影状況を同じにと、同じ時間帯で電気をつけて撮影したの。

乾いたままのシワシワでもいいかとも思ったが、せっかくだからクリーニング屋でアイロンをかけてもらうことにした。このデザインだと自分ではうまくかけられないもん。そして先日取りに行き、仕上がったコートがこれ。じゃじゃーん!

100円+染料代(約350円×2)+クリーニング代(680円だったか)なわけだが、まあまあいいっしょ♪ 「MAX&CO.」だしな♪