~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 老いとの付き合い

そうか、大きい写真にすればいいんだ。
今まで気になっていたこのブログの日々のタイトル。少し長いと途中で折り返されてしまっていた。「はてな」の画像投稿には「今日の1枚」と「フォトライフ」の2方法がある。「今日の1枚」は画像は小さいが無料で使えたため、ずうっとそれを使っていた。それで問題はなかったのだが、このテンプレートを使いだしたら上記の問題が起こり始めた。設定を変える技術は私にはない。どうしたもんじゃろのぅと思っていたが、考えてみればもう無料ではなくとっくに有料に移行しているわけだし、いいんだ「フォトライフ」を使って大きいのを載せれば、ってことに今更ながら気付いた次第。

ギボアイコ(義母愛子)から「可愛いから思わず買ってしまったの。植えて」と頼まれていた花を数日前に植えた。左の頂き物の紫陽花も「なんとかして」と頼まれている。どこに植えたらええもんじゃろのぅ。

義母は今、伴侶を亡くした喪失感とその孤独、そして老いによる精神と肉体のギャップに揺れている。肉体が思うようにならなくなることに精神がついていかない。老いを受け止めることができずにいる。こればっかりはどうしてあげることもできず、ただその訴えを聞く。可哀想だが時折「老い」「仕方ない」という言葉を口にしてみるのだが、どうしても頭が受け入れてくれない様子。専業主婦で夫が生きがいだった女性が取り残されていく、その悲しみ。今更趣味や生きがいを見つけられるはずもなく。私にも訪れて始めている、老い。さてさて、どうやって付き合っていったらええもんじゃろのう。