~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 強面の種

怖そうな種でしょう。今調べたけれど何なのかよくわからない。
「カラスノエンドウ」にも似ているのだが、鞘の形が違う。これはくるくると斜めに巻いているのだ。
残念ながら、すでにしっかり種を飛ばした後。来年も戦わねばならぬのかぁ。よし、来年はしっかり見てやろうじゃないか。

<追記>「カラスノエンドウ」ですよ、やっぱり。スイートピーの種、少し乾かしてからとったら鞘が少し捻じれましたもの。時間が経ってうんと乾いて、もっとくるくると巻いたんだと思う。なるほど、捻じれの力が効いた方が鞘が割れやすい。自然はすごいですな。

夫と義母の昼食の支度をしておき、弁当を持って朝6時に家を出る。前回やり残した鉄塔の周りの草取り。もう「草取り鎌」は使わないことにした。全部抜こうなんて途方もない労力であることを知った。目立つものをただひたすら手で抜き取る。種類によっては根が残ってしまうが、地下茎ではびこるものなんかは当然無理なんであるし、いいんだこれで。抜き取った後には次の雑草の芽がびっしり生えているが、いいんだこれで。大きくなったら「手で抜く」んだ。これを「手抜き作業」というのだ、わっはっは。ほら、もうお前らのせいで頭がおかしくなりつつあるぞ、うぎゃははははは。

太陽に追われながら日陰に移りつつの作業。途中ムクドリが、抜き終えた後の地面をつつきに何度もやってくる。3羽もきたぞ。あらま、でかい幼虫を嘴に挟んでいるというのに、更に何度もついばんでいる。そのまま飛んで行ったところをみると、ヒナがいるんだな。休憩を何度もはさみつつ、なんとか問題の箇所は終えた。弁当を食べ他の場所に移ったが、なんだかぼーっとしてきた。水分は補給してるのだが、熱中症になるとやばいので、12時半に終了。ゴミ置き場の整理もしなきゃなんだが、ああ、もうええ、帰る!

やっぱ少し熱中症気味だったんすかねぇ。家に帰って寝ころんだらそのまま夕方まで何もできなかった。これからは、朝の仕事としよう、草取りは。そんでもって、足しげく通う、これっきゃない。