~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 調合調整中

写真のインク、右からシェーファー、パイロット、パイロット製図用。普通のと製図用はラベルが一緒、「製図用」の小さい文字があるかないかの違いなので、テープを張ってある。昔はラベルも違ったはずだが。。。

ここしばらくインクの滲みが悩みの種だ。

新しい五線紙の包みを開けた時からだったと記憶。インクが滲みだした。たくさんのヒゲが出てしまう。仕方ないのでコピー用の厚手の白紙に五線を印刷し、その場を凌いでいた。この白紙は以前から使っていたものだが、それでも同じ一枚の紙でも場所によってかなり滲みが出てしまう箇所が出てきた。なのにまだ紙の違いに相違ないと思い込んでいて、違う用紙の見本を送って貰って試してみた。ところがそれも全滅。以前と同じ用紙は注文しようと思ってももう生産中止になっているとのこと。でも今の世の中、インクの滲まない用紙なんてあって当然だろう、なんかおかしい。しばらくはその滲んだヒゲをホワイトで修正しながら仕事をこなしていた。

インクのせいだと気付いたのはいつだったか。もちろん紙の質が変わったことも一因だったが、インクの質もいつの間にか変わっていたのであった! それまではシェーファーを使っていた。パイロットより濃くてムラが少なかったからだ。文具の安売りの店でダースで注文していた。ある時、新しいダースに移った時からだったんじゃないか?とハタと気付いた。そうなんだよ、そうだったんだよ。そういえばジェットブラックっていつの間にか書いてない。ネットで調べてももう販売していない。なんということだ。でもな、ビンが変わったのはだいぶ前で、新しいビンの前のタイプは大丈夫だったんだけどな。質を変えるなら名前も変えるべきなんじゃないか、シェーファー。

そこで、しばらく眠っていたパイロットを起こして使ってみた。いくらかはこっちの方がいい。でも「いくらか」である。ある時また、そうか製図用があるじゃないかと閃いた。まあ大きな文具屋へ行っていろんなメーカーを試してみるのがプロとも言えるが、近くの文具店で買えるパイロットの製図用の方が手軽でいい。カートリッジに入れ書いてみる。いいじゃないか、いいじゃないか。ところが書き進めるとペン先が詰まってくる。そこで普通のタイプを混ぜて使用、「いける」。ではたくさん残ってしまっているシェーファーとの混合はどうか、「いける」。よかったぁ、ムダにならずにすみそうだ。

目下の課題は、調合の度合いである。

<追記> シェーファー4:パイロット(製図用)5 がいいようだ。