~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 プラスティックケース

プラスティックのケースである。郵便局で貰ったのである。(また画像がタテヨコ逆だ。なんでかなぁ。題材がこれだからまあいいけど。)

譜面を送るのに、以前は宅急便を利用していた。郵便より信頼でき、しかも時間指定ができ、関東一円なら当日4時までにコンビニに出せば、午後には着くという便利さからである。

しかぁし、このところクロネコのサービスが低下した。以前は書類専用のボール紙でできた封筒を提供していた。角2の封筒が入るサイズのもの。A4の原稿を角2の封筒に入れ、その角2の封筒が入るサイズのもの。しかし新しいサービスの専用封筒はサイズダウンし、A4の原稿しか入らなくなった。要するに角2のサイズになってしまったので、角2の封筒はそれに入らないのである。クロネコよ、無償だったものを有償に変えてもいい、絶対その角2が入る専用封筒は作るべきなのだよ。

そんなわけで、期日に余裕のある時は郵便局のレターパックに切り替えた。そうなんだ、このサイズだよ。しかも「ライト」で送るから360円と安い。送料は基本頂くことにしているが、依頼者の負担が軽くて済む。まあね、以前期日にまにあわずトラブったことがあるし、私の郵便局への信頼度は薄いので期日にほんとうに余裕がある時のみになるが。

話がのっけからそれてしまった。ちゃうちゃう、そのことじゃなくってこのプラケースのことだったのだよ。先日専用封筒の在庫が少なくなったので買いに行った。10枚頼むとこのプラケースがついてきたのだった。

しかぁし、これは私にとってゴミだったのである。貰ったその時はちょっぴ嬉しかった。貰えるもんは貰っておこう。でもこれに専用封筒をしまっておいても手間がかかるだけだった。多い時は20枚近くのストックになる時もあるわけだからそこそこの重さになるわけで、それを机の上の棚から下ろし取り出し蓋を閉めまた上げるなんてナンセンス。今までのように棚に立てておいて一枚取り出せばそれですむことなのである。少し多めの譜面を送る時に使おうとも思ったが、それでは今度はサイズがデカすぎる。遊びがありすぎる。だから結局捨てることにした。一度も使っていないものを。ああ、もったいねぇ。なんで貰ってくるかなぁ。だったら最初から貰ってくるなよ、おい。タダだからと喜んでいる場合じゃないだろ、おい。だよまったく。

ほんとうはプラゴミの話をしたかったのだが、長くなるのでまた次のココロだ。