~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

6月8日㈯「歌の砂」<A7>(神保町)
歌:ほさか夏子 和田山名緒
演奏<La Maladie D'Amour>pf.フレデリック・ヴィエノ gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 耐寒サクラソウ

すごいんだ、まいった、耐寒サクラソウ。いつ買ってきたんだっけ、もう一か月にはなると思う。いやそれ以上だ、2月23日の記事の写真に写っているから、それ以前に植えているはず。なんたってほとんど変わっていないのだ、買ってきた時と。まだ一度も花ガラを摘んでいないんだ。西洋サクラソウの方は寒くって惨めになってしまい抜いてしまったけれど、耐寒サクラソウの方はまだご覧のとおりだ。冷たい雨も降った。零下にもなった。なのに、すごいぞ君は。

なんでも我が国では昔「花壇」というと、サクラソウを並べて鑑賞するものだったとか聞いた記憶がある。なるほど、これだけ花の時期が長いとそれも納得だ。種を飛ばしておくれ、来年も楽しみだ。

最近はこんな話題ばかりで、訪れて下さった方には申し訳ない気もする。ま、日常とはこんなものだ。実際「二日酔い→昼までダウン→食事→練習→写譜→食事・TV→写譜→就寝」だったからな。心躍らせてくれたもの、癒してくれたものと言えば、花たちなのである。地面から顔を出し始め、伸び始め、蕾をつけ始め、咲き始め、今が一番生気を発散し感じさせてくれる時期なのであるから。それにね、心のこと、社会のことを書くのは、つらいしね。