~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 キーホルダー

いやはや鍵には苦労させられた。失くすことももちろんだが、バッグの中で見つからない。特に酔っ払ってご帰宅の時なんざぁ大変でさ。見つからないもんだから夫を起こす。インターホンが壊れたままだし、寝室に電話がないからドアをドンドン叩く。なかなか起きてきてくれないと足で蹴ったりと、その音たるやいやはやまったくもってご近所迷惑甚だしい。そんな訳でこうなったのだ、ジャラジャラとうるさいほどのアクセサリー。今度はどれもちゃんとバッグに固定できるようにした。右下は自転車の鍵で、他3つは同じ鍵を気分で使い分けている。

自転車の鍵までこうなったのはつい最近のこと。それまでは買った時ついてきたままの、ビニールの輪に小さい鈴がついたものだった。自転車の鍵は小さいし軽い。そんなもんじゃ私に存在を主張してくれないのだった。今までもコンビニのレジに置き忘れるなんてことは多々あったのだが、先日はスーパーで失くしてしまった。自転車で行って、買い物を済ませ、さあ帰ろうとしたら鍵がない。荷物を詰めるカウンターを探し、下も覗き込み、レジの人にも聞いた。同じ経路で再度下を見ながら歩いてみた。もちろんバッグもレジ袋も点検済み。だが、ないのだ。仕方なくレジ係に見つかったらとっておいて下さいと頼み、徒歩で帰る。家には幸いスペアキーがあったので、もう一度自転車をとりにスーパーへ。ああ、なんてこった。翌日、また店に行ってみた。諦めモードでレジ係に尋ねると、あったあった!とっておいてくれた、よかったぁ。しっかし、なんで、どこで失くしたんだろう。

そんなわけで、自転車の鍵にもミニカラビナをつけ、単語カードを束ねるあのワッカの大きいサイズもつけたから、これで何処にでもひっかけられる。手袋をしていても、これならひょいと指に通せる。赤い石のペンダントトップも付けたから、これで重みが出て存在感がぐっとアップした。どうでい、どうでい、これでどうでい!