~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 プラザの缶

昼はお食事会であった。Uさんが私たちメンバーを招待してくださった。並木ちゃん、菅井さん、亜紀ちゃん、私、それにいつも応援してくださっているTさんも。千駄ヶ谷の「ル・カーナヴァル」。美味しかった。サービスもよかった。とても楽しかった。高野圭吾さんの絵もだしてあって、見せて頂いた。朝顔が描かれている絵だったので時期的に飾ってはいなかったようだが、他に高野さんの絵を2点ほど預けてあって、時折飾って頂いているのだそう。後で聞いた話だが、この店のシェフと伊藤一恵さんは知り合いだったそうだ。伊藤さんはもうずいぶん前に亡くなられた歌手。彼女がパリに行っていた時代にシェフもパリに居て、貧乏だった彼女は時折彼を訪ねては賄いなどを頂いて助けて頂いていたそうだ。デザートの後、彼は出てきて下さって少しお話をしたのだったが、そうだったのか、知っていればもっとお話を聞きたかった。伊藤さんのことはいずれまた詳しく書こう。
食事の後、飲み足りない私をUさんが喫茶店へ誘ってくださった。並木ちゃんもTさんも一緒。そろそろお開きとなるも、まだしつこく飲みに誘う私。しかしさすがに皆さんそう暇ではない。みんなと別れて新宿まで辿り着いた。本来ならばここで京王線に乗り換えるべきところだが、足が新宿を離れたがらない。そうだ、プラザに寄って缶を買っていこう。頭の隅にはその後「ヴィラージュ」に寄ろうとも。缶を買い終えた時、それは頭の隅ではなく全体を占めていたわけで、やっぱりな。開店時間まで喫茶店で時間を潰すことにした。

あれ、原画は左に90度回転している縦の写真なのにな。フォトライフで角度を直しても、表示が横のままだ。ま、いっか。
それにしても、プラザも缶のお菓子が少なくなったものだ。この棚の裏にも缶のお菓子があるのだが、種類が少ない、可愛いのが少ない。んじゃどこで買えばいいんだ? 寂しいなぁ。がんばってくれよ、プラザ。そういえば「ソニープラザ」は「プラザ」と名前を変えていたってこと、缶の記事を書くためにネットで調べて初めて知ったわ。
ステージにはまだ早かったが、「ヴィラージュ」へ。後藤啓子さんがトリ、よかった、ラッキー。出演者を知らずに行ったからね。目崎さんの歌が聴きたかったんだ。心のどこかで「同志」と感じていたんだ。しかし彼女の道は私のそれとはもう違っていた。寂しかった。なんかいつの間にかひとりぼっちになってしまった。銀巴里も港屋も、もうない。
さすがに昼から飲んでいたので、2ステージで帰る。しかしそこは私だ、八王子の「絵梨花」できちんとシメ(飲んで)、帰ったのであった。

日にちがずれてきてしまったため、その日の記事を書けるようにずらしました。画像も入れ替えたのですが、まだ表示が替わりません。一日くらい経つとなおりますので、ちょっと待っててね。