~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 チビ金魚育成鉢

この鉢の中にね、孵化したばかりのおチビちゃんたちがウヨウヨいるわけよ。


二週間程前だったかな、花屋の前を通りかかったら「ホテイ草」が置いてあったの。
近所の金魚屋は無くなってしまったし、困っていた所だったからさっそく2株買いました。
これはどんどん増えるので、それで充分。
金魚って、ホテイ草がないと卵を産まないみたいなのよね。

そうしたら水生植物も置いてあってね、黄色い可愛い花が咲くらしい。
ではと、それも一鉢買いました。
家に帰りさっそくホテイ草を浮かべてやり、
その水生植物も針金のハンガーを細工して引っかけ、水槽に固定してやりました。
ウチの水槽はけっこう深いの、だから底には置けなかったの。
発砲スチロールだけど、1010×590×500。 ね、だから。


金魚の発情って、夜なのよね。
「おお、ピチャピチャやってんな」なんて思いながら仕事をしていました。
そして明け方、覗いてみたんです。
そしたら鉢の中に金魚が入っちゃってる!
水面ぎりぎりに固定しておいたのでうっかり入ってしまったんだろうと、
すぐ取り上げ水槽に戻す。
いやまだいるぞ。あれ?まだいるぞ。
ってなわけで、取り出した金魚はなんと5匹! こんなせまい鉢に!
考えましたね。
ホテイ草には、案の定卵がびっしりとついている。
そうかそうか、鉢の中でも産んだに違いないと。


昼、またもう一鉢買いに行きましたよ。
いつもは別の水槽に卵を移すのだけれど、今年はこれにしよう!ってね。
針金ハンガーはやめて、プランターを水槽の中に吊り下げ、水をはり、
それに入れることにしました。
新しい鉢には、ホテイ草についていた卵を入れたのでした。


別の水槽に移していた頃は、ウジャウジャいた中で生き残るはせいぜい数匹。
放っておくと共食いも始めるから、餌をすり鉢で細かくして入れていた。
でも気温は高いからそのままだと水が腐るし、
その水替えがうまくいかなくってなかなか大変だったの。
でもこの鉢の中なら、古くなった植物を餌にして大きくなってくれるかも知れないとふんだわけ。
まあ、育て方をネットで調べたり、そのための器材を買ったりとかしないのが私流。
あれこれ試すのも楽しいものよね。


一週間かからなかったような気がします、孵化には。
今はこの二つの鉢にウヨウヨです。
もう少し大きくなったら、外側のプランターに入れる予定。
それにしてもこうして写真で見ると、鉢はもっと沈めたほうがよさそうだな〜。
まだまだ改良の余地ありだな。
さてさて、何匹生き残りますかね〜、お楽しみ♪