~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

アントニオズ・ソング

加藤初枝さんから歌詞をいただく。
「ANTONIO'S SONG」
Michael FranksがAntônio Carlos Jobimに捧げた歌。
高野圭吾さんの訳詩。
原詩は

Antonio lives life's frevo
Antonio prays for truth
Antonio says our friendship
Is a hundred-proof
The vulture that circles Rio
Hangs in this L.A. sky
The blankets they give the Indians
Only make them die
But sing the Song
Forgotten for so long
And let the Music flow
Like Light into the Rainbow
We know the Dance, we have
We still have the chance
To break these chains and flow
Like Light into the Rainbow


Antonio loves the desert
Antonio prays for rain
Antonio knows that Pleasure
Is the child of Pain
And lost in La Califusa
When most of my hope was gone
Antonio's samba led me
To the Amazon
We sing the Song
Forgotten for so long
And let the music flow
Like Light into the Rainbow
We know the Dance, we have
We still have the chance
To break these chains and flow
Like Light into the Rainbow.

曲→ http://www.youtube.com/watch?v=OWs8nPwLwwM&feature=related



この歌詞で、一番解らなかったところが下の表現。
「The blankets they give the Indians, Only make them die」
ネットをうろついていたら、ある方のブログに書いてありました。
http://blog.goo.ne.jp/wakorie/e/f2a49c1d5180c938709f192040287d40

昔のアメリカの西部では白人が持ってきたさまざまな病気が、ブランケットを通して感染した。
インディアンを殺すためにコレラの患者が使ったブランケットをアメリカインディアンに配ったという噂もあり、
このことはアメリカでは学校でよく聞く話だ。だからマイケル・フランクスはそこからこの詩を書いたのだと思う。

最初に出てきてやはり解らなかった単語「frevo」の意味等、
その他にも書いてあって、助かりました。


しかし、日本語にして歌にのせるというのは限りがあって、
難しいものだなぁ。。。