~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

電話デコ帽子

そういうわけで、これがそのデコ帽子である。
話は昨日から続いているのココロだ。


カンカン帽に花をいっぱいあしらった帽子がいたく気に入ったのであるが、
http://d.hatena.ne.jp/NATSUCO/20110809
それでは可愛すぎて、ステージでは歌を選んでしまう。


でもどうしても花帽子が被りたくて、そこで考えたのが
http://d.hatena.ne.jp/NATSUCO/20110820
の帽子であった。
それを被ってステージで歌った時、
なんとU氏が「その帽子似合うよ、それに決めちゃえばいいんだよ。」
って言ってくださったのだった。
「いつもその帽子で、洋服だけ変えればいいんだよ。」と。
彼は、今となっては数少ない、
この世界の文化を支えていらした聴き手のお一人であらせらる。
その彼が言って下さったのだから、それは嬉しかった。


普段は被らないのだけれど、帽子はけっこう持っている私。
あの花帽子がいいってU氏がおっしゃって下さったのに、
いやはや、いろいろ試してみたくなるものよね、女の子はね。
それからはしばらく、いろいろ引っ張り出してきて被っては鏡の前で遊んでいた。


でもノーマルでは面白くない。
花をあしらうとか、いろいろデコった方がステージには向く。
しかしもうさすがに気の利いた花のコサージュは残っていない。
そこで、新宿に用事で出かけた折、
オカダヤでコサージュ用の羽根だのなんだのを買い込んできた次第。
どの帽子につけようとか考えずに、気の向くままに一つ作ってしまった。
さても大きいコサージュが出来上がってしまったものよ。
作ってしまってからの帽子選び。
結局選んだのは電話帽子で、めでたくステージで披露する運びとなったわけである。


そんでもって、この写真ではわからないけれど、
横にダイヤル(外せない)があって見えてしまうものだから、
それがある方の目にとまって話題にしてくださり(K子さんありがとう)、
以後、めでたく鞄の方も出陣となったわけだったのであ〜る。


話はまだ続くのココロだ。