~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

電話鞄と電話帽子

うふふ、
未来に電話をかけたい時はこの帽子のダイヤルを、
過去に電話をかけたい時はこの鞄のダイヤルを、なんちゃってね。



そうさなぁ、30年以上も昔の話になるかなぁ、
テレビショッピングで買ったものだ。
その頃はまだTVの通販番組というものが一般的ではなかった。
アメリカなんかでは当たり前だったからこれはウケルと思ったか、
時折、あるTV局が特番で通販のショーをやっていたのだった。
深夜の時間帯だったと思う。
司会は愛川欽也だった。
その時紹介されたのが、この鞄と帽子。
イギリスの青年が作ったものだった。
受話器もダイヤルもコードも、全部ホンモノ。
鞄は一応皮でできてはいるが、縫い目なし。
ハトメみたいなものでバッツンバッツンと固定してあるだけ。
作りはいたって乱暴だが、
アイデアがいいでしょ〜、デザインもいいし、即電話しましたね。


しかし、ずうっと出番がなかった。
ほんの1回、ひょっとして二回、使ったのはそんなものだった。
でもこのところ頻繁に活躍し始めたのだ。


実はステージで帽子を使おうとしてね、
この帽子にコサージュをあしらって被ったわけ。
でもダイヤルは隠せなかったから、気づいた方に興味を持ってもらえたの。
でさ、嬉しくなっちゃって、「鞄もあるのよ!」なんて言っちゃって、
次の時はもうこの鞄を提げて行きましたね。
ねえ、見て見て!ってなもんで。


気づいてくれて、ありがとう♪
鞄と帽子がお礼を申しております。
おかげさまでやっと陽の目をみることができました、と。


ちなみに鞄の横についているものは、ランドセル型の小物入れ。
これも昔ファミレスで見かけ購入、以来ずうっとこの鞄にひっついている。