~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

イブロムとセルティユ

はてさて困ったものだ、化粧品の種類が多すぎる。
TV通販を見ていると、どれもこれも試してみたくなる。


しかしなのだ。我が家で昨年流行った本↓



(参考:湿潤治療 http://www.wound-treatment.jp/


が頭から離れない。
洗顔料も数多種類が売られているが、
皮膚の常在菌まで洗い流してしまってどーする、と常に悩んでいた。


で、最近通販で見かけて取り寄せたのがこれ、右上の写真、Eve Lom。
これでマッサージをする。
化粧も落とせるし、その後暖かい布で拭き取るだけ、化粧水だの乳液だのクリームはいらない。
と、TVでは確かに言っていたはずなのだが、
今調べたら、この商品のHPには一言もそんなことは書いてなかった。
しかもショッピングのページには、クリームまで載っていた!
えー、うっそー。。。
しかしこのクレンザーのテクスチャーは白色ワセリン(我が家では大活躍)に似ていて、
クリーム状ではないから大量の界面活性剤は使用していないはず、肌にいいはず。
TVでのコメントを信頼しようではないか。
でもまだ肌が健常に戻っていないからだろうか、少し渇き気味で不安。


そこで使うのがこれ↓



参考:<商品紹介から>大手化粧品会社開発研究員、エステなどの美容業界に従事している女性たちが、既存の化粧品に疑問を持ち、開発したのが<セルティユ>です。“スキンケアに何アイテムも本当に必要だろうか?”、“素肌にとって本当に必要なものは何だろうか?”といった疑問を出し合い、1つ1つクリアして、シンプルで女性の美肌をサポートするアイテムを作り上げました。お肌と化粧品を研究している女性スタッフの“こんな化粧品が欲しい”という願いから生まれた、“女性による女性のために開発した化粧品”です。


専用の石鹸で顔を洗ったのち、これ1本ですむという優れもの。
やはり最近使い始めて、気に入り始めていたもの。
もう迷わず浮気せず、これだけでいこうと思い始めていたもの。
でも、「石鹸」を使用することにちょっぴり疑問もあったわけ。
で、イブロムと出逢った。よし、洗顔はこれでいこう。
それにイブロムはクリームを出しているくらいだから、保湿の上塗りをしていいってことだ。
そうだ、洗顔の後の保湿はセルティユでいこう。


しかしなぁ、メーカーの違うものを組み合わせて使用し、
以前大失敗をしたことがあるからなぁ。。。
残っていた美容液を、もったいないからと他社製品と一緒に使ってしまったら、
ケロイド状になってしまい、軽い火傷みたいな感じで、
しばらくみじめな思いをしたことがあるからなぁ。。。


まだ一週間くらいだけれど、今の所問題ないようだ。
イヴロムでマッサージ洗顔をし、セルティユで潤す。
肌が健康を取り戻そうとしているような、気が。。。
毛穴も以前より目立たなくなってきたような、気が。。。
。。。気が、している。