~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

花帽子2

この日もラマンダ。2Fのサロンライブである。
二日酔いで音合わせはなしと亜紀ちゃんに連絡。
さて何を着よう。
どうしても昨日被ったお花の帽子が頭を離れない。
とっても幸せだったんだもの。
でもカンカン帽の花帽子は、チンドン屋用にとっておきたい。
そこで冬のフェルト帽ではあるが、残っていた花をつけてみることにした。
あ!やっぱ可愛い♪
今日は涼しいし、衣装の季節感ってほとんどなくなっている昨今、ま、いっか。
てなわけで、箱に入れて持って行くのはかさばるので、被って出かける。


あ〜あ、僅かな違いで電車に乗り遅れ。
ギリギリになってしまうと藤原さんに連絡。
なにをやってんじゃい、私は。
やっぱ二日続きはワシにはこたえる。でき〜ん。
毎日歌っている人ってすごいな。
ワシにはでき〜ん。


ラマンダのカフェを覗くと、Y氏の姿が。
来て〜♪とお願いし上へ。
曲もその場で選曲。なにやってんじゃい、ったく。
でも昨日たくさん歌ったおかげで、
「声に艶があるね」と奥野さんが言ってくださった。
「保坂さんの『世界の果てまで』は日本一だね」とも!
うっれし〜い♪


えとね、お客さまからチップを頂いちゃったの♪
「失礼だと思うから一番若い方へ」って伝言つきで。
いえいえ、失礼だなんて、と〜んでもありませんわ!
オールウェイズ、エニイタイム、おーけーですわ♪
ありがたく頂戴し、藤原さんと亜紀ちゃんと3人で分けました。
ありがとうございました。


やっぱ今日も下のカフェで反省会。
とは名ばかりの飲み会。
Y氏も半ば強引にお誘いする。
今、ラマンダでは「アブサン」が流行りなんだそうだ。
「アブサン」の水割りをなんかめっちゃカッコよく出してくれるのを見て、
なんと亜紀ちゃんも「飲みたい」と!
えー、だいじょうぶかい?
いやいや、心配には及ばず、ワシとはちゃうちゃんとしたお嬢さまでありました。


花帽子。だいすき。
帽子ってほんとうは目深に被るものだけれど、
ステージでは影ができてしまうので、かなり後ろに被っています。
そういえばヘアスタイルも気にせんでエエし、
やっぱいいな、花帽子。