~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

なんか嬉しい

三週間ほど前だったか。
母と二人で路地を掃いていたら、
お隣のMおばさんが家から出てきてこう言った。
「今年はそこ、ヘビイチゴで真っ赤だよ!」
指差しているのはMおばさんの隣の空き地。
どれどれと行ってみると、
まあ可愛い、ヘビイチゴの実がびっしり。
そこは数年前に家が壊されてからずうっと空き地で、
雑草の天国でもあり、
セイタカアワダチソウなんかも咲いていたのは記憶にあるのだが、
ヘビイチゴが勢力を伸ばしていたとは!
母とMさんは「焼酎漬けにするといいっていうよね」なんて会話を交わしている。
私はさっそくケイタイを持ってきて撮影。



次の日、仕事部屋へ降りていくと、もう母が来ていて、
ビニール袋に入ったヘビイチゴの実を私に差し出した。
「漬けろ」と言っているのだ。んもう、めんどくさ。
しぶしぶホワイトリカーを買ってきて、
小ぶりの空き瓶二つに分けて入れ、漬けた。
一つは教えてくれたMさんに持って行った。


母は飲むとお腹にいいんだと言っていたが、
ネットで調べると、「痒み」に効くらしい。
しかし、漬け込んでから3ヶ月ほど熟成させねばならんらしい。
なんだ、夏が終わってしまうではないか。
もう蚊は毎日私を刺しまくっているのだ。
待ちきれない私は、少しだけスプレー容器に移し入れ、使ってみることにした。


ん?効いたかって?。
効いたわよ!・・・って気のせいかしら、思い込み?
でもね、スプレーしたあと、気がつくともうそこは掻いていないのよね。
効いてるってことよね!


思いがけない自然からの贈り物。
使うたびに、なんだかちょっと嬉しく楽しい私です。