~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

11月30日「シャンソネット」<ラマンダ>(自由が丘)

歌:嵯峨美子 ほさか夏子 高木椋太 松城ゆきの
演奏:ラマンダカルテット


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 ヘレボラス

これは昨日とは別種のヘレボラス。
これもやっと咲き始めた。
名前は・・・忘れた。
そういうのだめなんです、すぐ忘れてしまって覚えられない。
一般に「クリスマスローズ」として通用しているこの種だが、
実は「クリスマスローズ」は別名「ニガー」ともいい、
ご存知の、肉厚の濃い緑の葉で
あの白い大きめの花を咲かせるもののことを言うそうだ。
そういうことは覚えているのだ(笑)。
ウチのクリスマスローズも咲き始めたが、
もう少し花をつけてから撮ろうと思っている。


ヘレボラスは実にたくましい。
年末になると蕾をつけ、早春に咲き始め、種をつけ、
花びらは額となり初夏までしっかと種を守り続ける。
けなげな子守のおかげかその量の多さのせいか、
毎年必ずあちこちに子孫が芽吹きだす。
凍土と化すような寒い冬にも、うんざりするような湿度の高い暑い夏にも、
決してめげない。
もっとお日さまが欲しいと文句も言わない。
むしろ半日陰がお好みのようす。
ヘレボラス、私は大好き。