~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

アップルクランブル


作りましたえ。こんなんでええんやろか。
オーブンがないのでトースター製です。
しかも目分量、ああ私らしいこと。


では感想。
砂糖を少なめにしたんだけれど、辛党の私にはまだ甘かったな。
日にちが経った「フジ」で作りましたが、やっぱりお菓子は「紅玉」がいいですねぇ。
レモンで少し味付けしておけば良かったかな。
リンゴを小さくカットして、多めに生地に練りこんで、それをカップケーキ風に焼くというのはどうだろう。
生地は少しの間ストックしておけるので、毎食後のお楽しみとしてトースターでチン♪
これ、いいかも知れない。干しぶどうとラム酒を入れてみたりして。
(・・・っつうか、生地が「そぼろ」状にはなりませんでした。バターが多かったかなぁ。)
まあ、簡単なので簡単な味ではあるのだが、サクッとできちゃうので心強い味方ではある。
ただ、日にちの経ったリンゴの大量消費は期待できそうにないですね(笑)。


わたしんチ、まだ在庫あるんです。
生協で注文して、届いた時から日にちが経っていた風で、かといって返品するほどでもなかったし・・・。
さ、いずれにせよ、ちゃんと頂かなくては!
イザベルさま、一つ方法が増えました、ありがとう♪
narjaさま、レシピありがとう♪


■追記(31日)


イザベルさまが記事のコピーを送ってくださいました。



なるほど、こういうものだったんですね。生地で全体を覆うのですね。
ネット検索では、生地はパン粉のようになっていて平面的に覆っているものもありました。
私の場合、バターが多かったんですね、ねっとりしたものにしてしまいました。
それと、もう少し焼くべきだったようです。
また、オーブントースターで焼く場合は焦げやすいので、アルミホイルを途中で覆うと良いとも。
なるほど、です。再チャレンジしてみます♪
イザベルさま、ありがとう♪


それから名前は「アップルクランブル」Apple Crumble だったんですね。
「アップルスクランブル」と書いたタイトルを訂正しました。


↓これらも美味しそうですね


http://www.exclusivelyfood.com.au/2006/05/apple-crumble-recipe.html


http://www.joyofbaking.com/CranberryPearandAppleCrumble.html


こちらは動画付き
http://www.videojug.com/film/how-to-make-apple-crumble
 ■追記(2月1日) ↑のコンテンツは豊富で、とっても楽しめました!
  音声と文字解説付きですので、視覚・聴覚障害者にも楽しめるサイトです。
  その中から「2秒でTシャツをたたむ方法」(ショートバージョン)↓をご紹介します
  http://www.videojug.com/film/how-to-fold-a-t-shirt-in-2-seconds
  説明付き動画(ロングバージョン)ももちろん載っていますよ。