~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 のどもと

中学校の家庭科の先生は、人の目を見て話をしなかった。
必ず相手の喉元あたりを見つめて話すのだった。
それは彼女が教えられてきた日本人の礼儀であった。
「相手の目を見てはいけません。失礼にあたります。」
授業中はっきりとそう言った。


歯を見せることも失礼にあたった。
昔の女性は笑う時、みな口に手をあてた。
喋る時さえ手をあてる人もいた。
食べながら話すことなど、もってのほかだった。
シーンと皆押し黙ったまま食事をしていた友達の家庭を思い出す。


目を見て話すべきとだ言われ、
ついこの間までのお歯黒も忘れ白い歯信仰に踊らされ、
ほんのちょっとの間にこうも変わった。