~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 ミロとイッパチ


照子さんが怪我をした翌日、オカメインコのミロを母の部屋から連れてきた。なので毎朝、ミロの籠の掃除も日課となっている。
母は八王子に越してきてから、犬も猫も飼えないのでせめて鳥をということで、オカメインコを飼い出した。ミロという名前は死んでしまった猫の名前からとった。銀巴里周辺でうろついていたのを拾ってきてミロと名付けた子猫は、真っ白だった。その後、ロック・ボサノヴァ・ツイストと三匹の子供を産んだ。4匹合わせると弥勒菩薩となるんだけれど、ちょい苦しいかな。ああ、猫の話をしだすと長くなってしまうわ。それはまた次にしよう。
ミロは手に乗らない。母が強引に籠に戻そうと鷲づかみにしてからというもの、手を嫌うようになったらしい。だが頭をコリコリ指で掻いて貰うのは好きなようで、部屋に放せない今は、籠の外からストローを差し込んでコリコリとやってもらうのを楽しみにしている。


わが家のセキセイインコのイッパチの世話は、夫にまかせている。雀のオークンの時私になつきすぎてやきもちを焼いたので、夫になつかせるためだ。
あ、MELONBALLさん、イッパチのこと、書かなくてはね。言われてしまったの、「ちゃんとブログに書いてくださ〜い」って。ははは・・・(力なき笑い)。


空色にレモンイエローのイッパチは男の子で、お喋りが得意でトイレの海で泳いだり、籠から出せと催促上手で八王子の空に冒険に出かけたり・・・。それが今では聞き分けの良い女の子になり、ついでに羽も緑と黄色に変わってしまったの。・・・だめかな、これじゃ・・・。
ちなみに・・・鳥のミロも三代目です・・・。


仲人をしていただいた義理の叔父が亡くなった・・・。
合掌。