~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 2003年9月 秘密の花園シリーズ(アドヴォケイト)

       


活字で会話する難しさ
パソコンを買いたての頃、よくチャットをしていた。そこではアバターになって表情なんかも少々変えることができるのだけれど、やはり活字は活字、誤解を招かずに会話する難しさを知った。顔が見えない、目が見えない、声色がその調子がわからない。
でもね、達人*1が何人かいたなあ。それほど顔文字を多用するわけでもなく、見事にみんなを楽しませてくれた。勉強したいなと思ったこともあるけれど、それはそれで毎日の修練が必要だから、この私にできるわけがなかったのだけれど。
半年ほど前、ある人からのメールでとっても心が傷ついた。一週間は食が進まず体重も減り、何をしてもそのことばかりが頭の中をよぎり彷徨い、仕事さえまともに手がつかなかった。とてもとても苦しかった。今でも尾を引いている。しかし顔を合わせて話をしていたら、これほどまでに傷つくことは、傷つけられることはなかったはずだ。
山の会でメールをやりとりしている。全員宛てのメールなどで、多少みんなの会話が見えてくる。ちょっとした行き違いすれ違いなども時々目にする。少々の顔文字や記号、それにくだけた話言葉で表現することも、多少は必要なんだろうなぁきっと。

*1:「かーる」さんと「エビス」さんが特に素晴らしかったわ ちなみに「かーる」さんには今でも会えますわヨ