~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 イッパチ

イッパチという名のわが家のセキセイインコが、言葉を覚えた。ぶつぶつとなにやら一人で喋っているので、「イッパチいい子、いいインコ」とその度に数度繰り返して声をかけてきた。最近ようやく「イッパチ」と言っているのが明らかに解るようになってきた。よーく耳を澄ますと、「いい子、いいインコ」まで言っているような気がする。そこでここ数日は「可愛いね」も足して、リズムよく声をかけることにした。さてさて、これからどんな言葉を足していこうかな。


で、登場するのが困り者の夫。時々君が代を歌って聞かせているのだ。天皇制などなくても一向に構わないし、されど皆が欲するのであれば仕方ないかと思う程度の私。君が代も、歌えちゅうのならええどす歌いまひょ程度のもの、でも野球場で起立して歌えといわれても座ったまま歌わない程度の反抗は示す私なのだが、わが家でペットにまで歌われたくない。しかもなのだ、歌っている夫の旋律はめちゃくちゃなのだ、そう、オンチなのである。そんなん覚えれたらさらに困るのである。夫には二つのレパートリーしかないのだが、せめて校歌にしておいてくれ給え。


君が代がでたついでに、最近気になることを。ああん、難しい話じゃないのよ、楽曲としての話なんだけれど、いつからあの太鼓というかバスドラがなくなってしまったんだろうか。あの曲は「ドンドン」というバスドラの締めがあってこそなのよねぇ。そこで重厚さ、崇高さが増すのよね。盛り上がりの頂点なのよね。アレンジャーはそこんとこ全く理解してないわよ。TVで流れる最近のそれは、使うのだったらどうか録音しなおして頂きたいものだわ。