~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 ニチバンのマスキングテープ


紙の粘着テープが、どうして文房具屋に置かれていないのだろう。


粘着テープの種類は増えているのに、紙でできているものがない。紙と紙を並べて繋ぎ合わせるのには、紙でできたテープが一番いいに決まっている。紙は伸びるので、折り曲げても繋ぎ目にかかる負担が少ないし、多少曲がっても皺になりにくい。失敗しても剥がせるし、再度の貼りあわせもできる。これがセロテープだとそうはいかない。しかも時間の経過によって劣化し、パキパキと剥がれてくる。3Mの貼って剥がせるテープは、肝心のしっかり張り合わせるという用途には全くむかない。


だから、マスキングテープなのだ。しかも、ニチバンの、なのだ。質が良くて色も白い。五線紙を張り合わせるために、自分で探し出したのだ。写譜の講座で、それがいいよといっているサイトもあるが、わたしはうんと前から使っている。写譜には分度器を、というのも自分で考えだしたのだが、これはまたいずれ書こう。けれど、この「ニチバンのマスキングテープ」は、注文しないとなかなか手にはいらない。たまに見かけても幅のミリ数が問題だったりする。今日はまいった。大量のコピーをしてそれらを貼りあわせなければならなかったのだが、テープが在庫切れになってしまい、夫に買いに走ってもらった。時間がないときは夫をも走らせる。しかし、なんとか見つけてきてもらったそれは、一番細いものだった。仕方なくそれを使ったが、耐久性に問題が残った。


どーして文房具屋は紙の粘着テープを置かないのだ! 「探せばあるよ」ではなく、文房具屋には「必ずあるよ」であっていいはずなのだ。塗装関係の店には、確かにマスキングテープはあるが、本来の使用目的のためか、安く質の悪いものを置いている場合が多い。塗装屋はそれでいいのだ。いずれ剥がして捨ててしまうためのものなのだから。


文房具屋よ、紙の粘着テープを置きたまえ!