~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 Nappaの使命


Nappaは深呼吸をさせた。ナモンは気を胸に集中させ、不快なもの、あるいは暗いものをイメージし、鼻から外へと押し出した。ふぅー、ふぅー、ふぅー。ナモンの鼻はじんじんしてきた。細胞が喜び始めたのだ。ナモンは少し気分が良くなった。たったそれだけのことなのに、なんと0.028nanoppaも里が明るくなった。しかし実は、押し出された0.135nanoppaの「暗いもの」は、闇へと吸収されてしまったのだった。Nappaにはわかっていた、闇の力を増してしまったことを。しかし、これからやらねばならぬこともわかっていた。急がねば地球が危ない、いやこの宇宙が危ない。


Nappaの羽根はもうボロボロだった。疲れてしまって、時々光力を里から補充してもらうありさまだった。いったいどうすれば気づいてもらえるのだろう。どうすればナモンを変えられるのだろう。考えこんでじっとナモンを見つめるその目に映ったものは、たった今喫煙はやめようと誓ったのも忘れまた煙草に火をつけたナモンだった。Nappaはうなだれた。嗚呼、なんという使命、ナモンと歩めとは!