~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

 変わった金魚でしょう

                                                         


昨春だったかな、8匹の金魚を買い足しました。巨大化した古株二匹を、睡蓮鉢から大きな発泡スチロールの水槽に移し変えてやったのですが、今度は水槽が大きすぎて寂しくなってしまったからなの。一匹三百円の金魚たちは、すくすく育っていきました。うちは井戸水を使えるので、金魚たちにはいいみたい。
でね、今年になって一匹に変化が訪れた。ある時ふと気がついたの。変化って一瞬の出来事ではないから、すぐには気づかなかったのだけれど。「あれ、こんな金魚いたっけ」。確か、買い足した中には、真っ黒なやつが一匹いたはずだった。ところが見当たらない。でも数は合っている。「そうか、お前だったのね」と、まあいい加減な飼い主ではある。
最初は確かに、頭が少しボコボコしていた。が、ボコボコ度は急激に高まり、黄色に変化していった。ヒレの黒を残したまま、胴体はしだいに白くなっていった。顔には眉やら髭やらに見える黒い筋が残り、口のところも黒く残って妙にエロティック。本当のことを言うと、当初は少し気持ち悪かった。でもこういうの、慣れもあるのでしょうが、色が落ち着いてきたらだんだん可愛くなってきてしまいました。今では「ブル」と名前までついています。
ある時「金魚」のキーワードで散歩していたら、金魚のオークションにたどり着いたことがありました。でもこんな金魚は一匹も見当たりませんでした。単なる「ゲテモノ」の類なのか、それとも「超レアモノ」の類なのか、さていったいどっちなんでしょう。