~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

N

 カズミュノ

N

カズミュノは出口をいくつか残していた。それは入り口とも言えるのだが、その一つが小さなコケシだった。 カズミュノは闇にいた。あたりはとても冷たい。自分の足には、竜の髭がからまったままだ。波打ち際に裸足で立ち、水平線と夕日を見ながら足をひとつ、…

 赤い川

N

それは小川だった。畑を几帳面に四角く区切って流れていて、あたり一面に続く薄黄色のベルベットを敷きつめたようなラゴンワ畑を潤すための小川だった。畑の北東に、一棟とても大きな建物がそびえている。その向こうには低い山の端が霞んで見えた。ホヤテー…

 ハランポランと老人たち

N

エリカは慣れた手つきで鋏を動かしている。客の緑髪まじりの細く少し縮れた髪が、ふわふわと床に落ちてゆく。 「そういえばハランポランは花の時期だねぇ。」ゾランがつぶやいた。 「いってみる?」鏡に映った客の顔を覗き込みながら、彼女の耳元でエリカは…

 神話の時代

N

混沌の時代のあとには、また神話の時代が始まるとか。そろそろ、もう始まっているのやも知れぬ。 そうよ、それを書けぃ。 まずは日本からだな。お、なにやらこの方が魅力的だな。日本の神話のNappa教的解釈をしていけばいいのだ。うんうん、これにしよう! …

 ナモンとNappaの会話

N

教祖たるもの、それらしくあらねばならんのう。まず、ナンだ、あれだ、衣装だ。をっふぉっふぉ。巫女スタイルじゃぁやりすぎかのう。でもナンだ、やっぱ白だな。フリフリレースの思いっきりブリッ子、したかったんじゃがのう。なんなら羽でもつけるか、をっ…

 教祖誕生

N

ナモンは一通のメールを受け取り、大喜びである。なんでもNappa教のおかげで試験に合格したらしい。尤もそれは正確に言えばMappa教なのであり、試験を受けたマリサの意思の強さに他ならない。Nappa教のおかげと言ってくれるマリサは優しく、お遊び上手なので…

 Lippaのせいだ

N

ナモンは一度目覚めたものの、あまりの眠りの深さに「うっそぉぉぉ!」と驚愕し、そのまま気絶してしまったのだった。ふと気がつくと、今度は12月を十日も過ぎていた。 「なんか・・・おかしい。」 ナモンはぼやけた頭で記憶を辿る。夢の中で山を歩いてい…

 Nappaのぼやき

N

ところで、ナモンによるとやゑのそれはヤッパなんだなやっぱ。デンザはデッパだしな。どーでもええが、わしは笑い者になっておるのよ。ええかげんにしておくれでないかえ。ホトホト・・・。

 いったい今日はいつよ!

N

何日眠りこけていたのだろう。 Nappaと共に酔いつぶれたナモン。目覚めて起き上がろうとすると、腕に筋肉痛が走った。ベッドから立ち上がろうとすると、今度は太ももが痛かった。酔っ払って尻餅をついたり転んだりは日常茶飯事だったから、昨夜もしこたま飲…

 Nappa、酒に酔う。

N

んとねー、だから夢を見せたやんけ。あんとき、どう思ったん。わすれるなや。っつうか、酒、飲ませすぎやねん。あったま、ぐらぐらしちょうと。おまんさんが飲んだくれれば、ワイかて、あったま、ボーボーやねんえ。そないなこと百も承知のおまはんや、訳が…

 ナモン、Nappaに問う

N

だってさー、あたしは教祖になりたかったんよぉ。デーモン小暮閣下じゃないけどさぁ、あたしは天使教とでもNAPPA教とでも勝手に言って遊んでいたかったんよぉ。なのになんで物書きの真似事なんぞせにゃなんないのさー。んなもん、書ける人が書いたらい…

 Nappaの説得

N

ああ、また始まった。お調子者のナモンが暴走したのを見て、Nappaは苦笑いをした。違うでしょう、リン婆がそれほど驚くのはもっともっと後の話でしょうに。ナモンが筒井康隆にあこがれていて、筒井節を唸ってみたくてうずうずしているのわかるけれど、その勢…

 リン婆

N

リン婆は山道を歩いていた。杖をついてはいるものの、長老と呼ばれているわりには確かな足取りである。吐く息が少し白む、枯葉の舞う寒い朝だった。昨日隣村からデンザが来て、息子の様子がおかしいから来てくれという。それでリン婆は夜明けと共に家を出た…

 ハジョリの星

N

Kuppaを登場させる前に、忘れてはいけない名前があった。Nappaがいるのだから次にくるのは当然、そうだ、「Happa」だ。彼女はハジョリを見守っている。 ハジョリは六才。半年前の初めての遠足で、初めて向こう側を見た。そこはシールドの境で、その向こうに…

 Nappaの日記

N

紀国香(キノクニカ)の相棒はKuppaという。私もKuppaも、気の遠くなるほど昔から、さまざまな呼ばれ方をし、たくさんの名前を頂戴してきた。しかしこんな名前をつけるやつは初めてだ。コージならKoppa、スージーならSuppaか。じゃぁヨルンならYoppaというわ…

 Nappaの使命

N

Nappaは深呼吸をさせた。ナモンは気を胸に集中させ、不快なもの、あるいは暗いものをイメージし、鼻から外へと押し出した。ふぅー、ふぅー、ふぅー。ナモンの鼻はじんじんしてきた。細胞が喜び始めたのだ。ナモンは少し気分が良くなった。たったそれだけのこ…