~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

道具たち

電話デコ帽子

そういうわけで、これがそのデコ帽子である。 話は昨日から続いているのココロだ。 カンカン帽に花をいっぱいあしらった帽子がいたく気に入ったのであるが、 http://d.hatena.ne.jp/NATSUCO/20110809 それでは可愛すぎて、ステージでは歌を選んでしまう。 で…

電話鞄と電話帽子

うふふ、 未来に電話をかけたい時はこの帽子のダイヤルを、 過去に電話をかけたい時はこの鞄のダイヤルを、なんちゃってね。 そうさなぁ、30年以上も昔の話になるかなぁ、 テレビショッピングで買ったものだ。 その頃はまだTVの通販番組というものが一般…

花帽子2

この日もラマンダ。2Fのサロンライブである。 二日酔いで音合わせはなしと亜紀ちゃんに連絡。 さて何を着よう。 どうしても昨日被ったお花の帽子が頭を離れない。 とっても幸せだったんだもの。 でもカンカン帽の花帽子は、チンドン屋用にとっておきたい。…

花帽子

帽子に花を飾った。 昨年買ったカンカン帽、たぶん780円位じゃなかったかと思う。 リボンが気に入らなかったので黒いものと付け替え、 それに黒いバラのコサージュをつけて使っていた。 路上ライブで何を着ようかと考え、あれこれ試着している時だった。 T…

発泡スチロール保温調理箱

飲んでますわよ〜、ドクダミ茶。 6月22日にドクダミ干しの記事を書いたんだけど、 http://d.hatena.ne.jp/NATSUCO/20100622 その後ね、近くの会社(2件)にドクダミがたくさん自生しているのを発見。建物と囲いとの間にね。どちらにもことわって採集させて…

ファストファッションのステージ衣装

安くてキラキラものの洋服が流行りなのはありがたいことだが、「安かろう悪かろう」なのではある。写真のスパンコールに突起があるでしょ、ツノが出た上さらに細い腕を二本も出して!機械でカット作業を行う際できたもので、これを「バリ」と呼ぶらしい。も…

部屋履きレギンス

1月15日の記事を読んで下さった方から こんな可愛いレギンスを頂いたの。 ふかふかほわほわ〜、あったかいのよ〜♪ ユニクロなんだって。 あちこちの店舗で売り切れ状態なんだって。 そか、これいいもんなあ。 そしたらね、おばさん御用達の店で、 偶然こ…

壊れた靴

もうしばらく山に行っていない。 昨日は丹沢でアイゼントレーニングがあった。 夫に誘われたのたのだが、結局行かずに、 山岳会の会報の下準備で一日が過ぎた。 まあ、これも一年サボってしまった結果なのだが。。。 そういえば、と古い写真のストックから …

書き物用メガネ(その2)

気に入っていたんだ、以前載せたメガネ。 http://d.hatena.ne.jp/NATSUCO/20070202 けれど酔っ払ってダメにしてしまった。 もう随分前のこと。 そんな時はそういうもの、急に写譜の仕事が入ったのよね。 メガネを買わなければ。。。 けれどちょうどお金がな…

チタンのチリトリ

我が家の新しい塵取りである。 なんと驚くなかれ、チタン製なのである。 これが届く前までは、 一斗缶を斜めにカットして柄をつけたものを使っていた。 嫁に来た時にはすでにあってね。 二つあったのだが、錆びてボロボロと穴が開き始め、一つは捨てた。 残…

とってもとっても履き心地がいい靴。 ぜひ紹介したくてアップしました。 「うさぎや」さんの靴です。 もう何足めだろう。 このところ靴はこのお店のものばかりだ。 どれを試してもほんとに履き心地が良い。 履きおろしの靴を素足で履いても、 一度も靴擦れが…

ナイロンの風呂敷

いつの間にか溜まっていて、捨てるに捨てられず、かといって使いもしないもの、ナイロンの風呂敷。絹や綿ならたまに使ったりもするのだけれど。 だいぶへたったドーナツ型の座布団を梱包用の緩衝シートでくるみ、それを風呂敷で覆って裏でキュッと縛っただけ…

 港屋の食器

昔、渋谷に港屋という店があった。 高野圭吾さん、伊藤一恵さん、 目崎千恵子さん、加藤初枝さんらが出演していた店だ。 港屋は新宿に移り、それから閉店した。 その閉店のとき貰った食器だ。 写真では黄色が染みのように出てしまっているが、 多少欠けてい…

 マイクロファイバークロス

これいいですね〜♪ 洗剤いらない! さっと拭いて水洗いすればそれでOK! スグレモノだわ〜。 髪の毛の100分の1という細さの繊維だとか。 鏡なんて乾拭きでいいし、 水に濡らしたくないものにも便利だわ〜。 実はこれ、ある方からの頂き物。 これを知る前は…

携帯の散歩

携帯が手首にちょいと掛けられると便利である。 そこで猫の首輪を買ってきて付けていたのだった。 ところがである。 こやつは一週間ほど前、 勝手に一人で散歩に出かけてしまい、 つい先日ようやく帰ってきた。 そうか、リードがなかったからいけなかったん…

テンプレート

インクの買い置きがなくなったので文房具屋へ。 そしたらあったんだなー、テンプレートが。 オレンジ色のものは今まで使用していたもの。 欠けて崩壊寸前なのに、 それでもテープで補強して使っていた。 写譜に使うのは、長辺の部分と、○と□の穴。 このタイ…

月の蛙の携帯ストラップ

四谷に友達の店がある。「月の蛙」という。 酒と肴のとてもおいしい店。 新宿に月一で出演していた時は 必ず帰りに寄ったのだったが、 このところ久しく無沙汰をしている。 八王子から飲みにいくには 決死隊の覚悟が必要だからだ。 愛ちゃん、ごめんな。 写…

トイレットペーパー

今日は雛祭りかぁ。 ま、いいでしょこんな話題でも。 よく訪れるブログの詩に つまらぬコメントをしてしまったので、 ごめんなさいの意味をこめて 自分のブログに書いておこうっと。 こういう風に紙の先を三角に折る人に言いたい。 「おまえは手を洗ったのか…

ティミー・ウッズ

これも彼女のバッグ。木製。 中に肩紐がしまわれている。 使ってますよ、はい。 目立つように、秋冬に、 黒の服を着たときに。 でも、もうひとつ鞄をもたなければならないのが、 ちょっと悩みの種ですが(笑)。

ティミー・ウッズ

大好きなティミー・ウッズのバッグ。 木製である。 パースと言ったほうがいいほど、物は入らない。 小銭用の小さな財布と札をそのまま折って入れ、 あとはハンカチを一枚入れたらそれでおしまい。 私のような愛煙家には最も不向きなバッグ。 でも大好きなの…

携帯電話

わたし、このデザイン美しいと思うなぁ。 大好きだったケータイ。 ボタンが大きくてまことに使いやすかった。 「錦鯉」とか言われてたっけ。 モノトーンのもよかったなぁ。 今はこの次の世代のものを使っている。 ところがボタンは小さいし、 暗い場所では数…

廃物利用

所帯じみた話ではあるが、 こういうものが捨てられない私。 「アラレモナイムダ」を散々繰り返しているのに、 こういう細かな「モッタイナイ」をしているのは、 何処も同じであろうと思う。 食材を切って入れておくのに丁度いい。 狭い台所だから皿やボウル…

業務用アイロン

霧吹きが出たので、今日はアイロン。 これは私のお宝なのだ。業務用のアイロンなのだ。 母が三鷹から引っ越す時に、 近所のクリーニング屋さんが下さったもの。 それを私が貰った。いや奪い取った、か。 とにかくずっしりと重い。 この重さがアイロンかけに…

洗濯機の水量

洗濯機の写真を載せても色気がないので、霧吹き。 洗濯機が自動検出する水量に満足できない私。 生地を傷める恐れがあるので、水量は少ない方がいいらしい。 洗濯機に任せた方が、ほんとうはいいらしい。 ところが冬場はフリースなんぞも洗う。 軽いがガサは…

シノワ

あるんだな、こんなものが。 結婚当初、一所懸命料理をしようと思ったんだな。 器具も揃えたんだな、そんな時があったんだな。 ソースを作ろうと思って買ったシノワ。 中国人の帽子のイメージから付けられた名前らしい。 ところが料理本を片手に作り出すと、…

分度器

プラスティックの100円の分度器なんて、 小学生以外の需要はほとんどないのではないだろうか。 そうよね、角度を測るものを線引きにしたりはしないものね。 でもこうして親指を入れて紙に接触する部分に角度をつけると、 写譜ペンのインクが染み渡らずに書け…

書き物用メガネ

私は近眼である。 若いうちは長い間コンタクトレンズを使用していた。 しかしこの私である、酔っ払ってレンズを外さずに寝てしまい、 角膜を傷めたことが何度かあった。 真鍮の机に置かれたデスクライトの反射で、ということもあった。 そんな酷使に耐えてき…

メリーゴーランド自転車

照子さんの自転車である。 彼女はエライ。 もう何年も前に運転免許の更新をやめた。 昔の免許だから、ナナハンのバイクだって乗れたヤツだった。 それで今ではもっぱら自転車通勤である。 ある時生協のチラシでこの反射板を見つけた。 そうだ、照子さんの自…

わかん

日曜の夕方は、山仲間たちの下山報告が届く。 うちは事務局なのである。 ちっとも歩いていないなぁ。 このわかんを使ったのはいつだっけ・・・。 これは会長の作品。 クロモジの木で作られている。 山道具屋で売られているものよりもずっと歩きやすい。 この…

鉄瓶

昨年大掃除をしていたら、 台所の奥から鉄瓶がでてきた。 ひとつは水差しか。 ああ、そっか、あったわねぇ・・・。 「錆びちゃってるけどいる?」 とむかし義母がこれらを捨てる前に私に声をかけてくれたのだった。 熱してサラダオイルを塗ってみたり、 なん…