~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

動物

 電線の小鳥たち

ん〜、ズームを最大にしたのにこの程度しか映らないかぁ〜。夕方、ベランダでタバコを吸っていたら電線に鳥達が集まっているのが見えた。ん〜、だぶんスズメだろう、巣に戻る前の確認作業か。なんだかとっても可愛く思えてカメラを取り出したのだが、これじ…

 金魚の水替え

いつの間にか大きくなったもんだ、ウチの金魚。右側に濾過機があって、その下に入っちゃっている子たちもいるから全部は写っていないけれど、ここには全部で24匹。昔、まだウチの近所に金魚屋があった頃、そこで300円位で買ってきた子たちがまだ生き延びてい…

 ワンちゃんと暮らしたい

少し前のムラサキハナナ。いつどこから種が飛んできたのだろう。今は種の熟成中。ここはあまり人目に触れない場所なので、倒れてみすぼらしくなってもそのままにしておかれる。だから種をいっぱいこぼしてくれて、毎年楽しめる。ああ、犬が飼いてぇ。。。 義…

 朝の儀式

これはワシの頭じゃ。 乘っているのは「かめ」という名のオカメインコ。照子さんの引っ越しの時、我が家に来た。「ミロ」という名があったのに、夫に「かめ」と改名されてしまった。で、写真は「イッタ」図。 私は夏になると髪の生え際からの汗が尋常ではな…

 まったなし

牡丹が咲いた。今年は11個。写真を撮り忘れてもうた。今日は金魚の「まったなし」の話。今年もまた産卵ラッシュが始まったのじゃ。金魚って夜中に産卵するのね。仕事場は古い木造家屋だから、外の音がよく聞こえる。夜中に外の水槽から「ピチャッ、ピチャッ…

 ハルヨちゃん

いやあ、ご近所に触らせてくれる犬や猫がめっきり少なくなった。ってか、今はこの「ハルヨ」ちゃん一匹だけだ。ワンちゃんはお外に繋がれずみいんなお家の中に入ってしまったし、猫ちゃんもノラがいなくなったし。ハルヨちゃんが飼われているのは、「○○興業…

 久しぶりの多摩動物園

前日の雨とうって変わって、お日さまぽかぽか暖かなお天気。「久しぶりに多摩動物園に行かない?」と夫。写譜があることはあるんだが、ま、夜にすればいっか、たまには行くかと、おそらく十年ぶりくらいの多摩動物園。11:00位に着いてひたすら歩き回り、最後…

 チビ金魚育成鉢

この鉢の中にね、孵化したばかりのおチビちゃんたちがウヨウヨいるわけよ。 二週間程前だったかな、花屋の前を通りかかったら「ホテイ草」が置いてあったの。 近所の金魚屋は無くなってしまったし、困っていた所だったからさっそく2株買いました。 これはど…

イモ虫くんさようなら

13日に紹介したイモ虫くん、いなくなっちゃいました〜。 もうひと鉢の朝顔の葉っぱもそろそろ食べつくしてしまうなぁ、どうしよう、なにか他に柔らかい葉っぱがないかなぁ、と案じてはおったのです。ネットで種類や食性を調べて見なきゃとも思っていたのに…

朝顔、こんなになっちゃいました

朝ふと気がつくと、朝顔に葉っぱがない! え、え、どうしちゃったの? 下の方を見て。イモ虫くんがいたのよ〜。全部たいらげてくれちゃったのよ〜。けっこう大きいんだな、これが。排泄物もコロンコロンと黒くて大きいんだな。よく食べたよなぁ。ちょっと前…

イッパチ木工所

写真左の細くなったものは、蒲鉾の板である。 あんまり細くなってしまったものだから、 新しい、しかも大きい蒲鉾の板を搬入してやった。 さっそく嘴がフル稼働。 イッパチ木工所は毎日大忙しである。 いいやつなんだ、イッパチは。 この板を与えておけば、…

ウサギの日傘

いるのよ、ウサギ、商店街に。 いつもこうして歩道に。 メインストリートからはほんの少し外れているので、 八王子でも知っている人は意外と少ないんではなかろうか。 ちゃんと日除けまであるんだぞ。 「ウサギ用」と書かれた傘がいいじゃないか。 それでも…

 モギモギイッパチ コリコリイッパチ

イッパチはいつでもモギモギできる。 手で摑まれるのをそう嫌がらないので、 食事のときや出かけるときなど、 止まっている場所から いつでもモギって籠に入れることができる。 また少し眠いときなどは、手の中でコリコリさせる。 生え始めの羽を指でコリコ…

 イッパチ

人が何かを始めると 必ず飛んできてチョッカイをだすイッパチ。 台所に立つときは危ないので籠に入れるようにしているのだが、 この日はしまい忘れたのだった。 気がつくと肩から飛び降りて、 ナッパの上でなんだか水浴び風の動きをし始めた。 まあどうせ茹…

 昨年生まれたチビたち

昨年生まれたチビたちが http://d.hatena.ne.jp/NATSUCO/20060714 こんなに大きくなりました。 比較のために照子さんに手を入れてもらっています。 ずいぶん成長に差がでてきました。 手前大きいの二匹は、この写真撮影のあと、 大きい水槽にデビューさせま…

 照子さんと金魚

このところ、金魚の水替えは 照子のさんの仕事になってしまった。 遅く起きて下に行くと、 もう水替えを始めてくれていたりする。 授産所がなくなったので、 花への水遣りと金魚の水替えを日課とし、 毎日顔をだしてくれているのだ。 写真は井戸水を入れてい…

 金魚の水槽大掃除

昼に起きたらもう照子さんが来ていて、 水槽の掃除を始めてくれていた。 昨日、金魚たちに寄生虫がたくさんついていたのを発見、 (今調べたら「ウオジラミ」というらしい) ていねいにとってあげたのだが、 水槽の底に敷いてある砂に虫の卵があるといけない…

 子沢山

先日ピチャピチャと元気に生殖活動を行っていた金魚たち。 はいはい、夜が明けてから覗いてみると、 ホテイ草の根にびっしりと卵が産み付けられておりましたです。 さっそく別の水槽(というか生協の箱ですが)に移しました。 そろそろ生まれるころかな。 よ…

ポケットイッパチ

今のイッパチが子供の頃、 id:Tpongさんのプロフィール写真のように、 ポケットインコちゃんの真似をどうしてもさせてみたくて、 無理やりポケットに押し込んだのだった。 その頃はまだ暗い所が好きでもぐりこんでしまう時期だったので、 これを逃す手はない…

高野さんとイッパチ

外に出ようとすると、どうしてわかってしまうのだろう、 イッパチが後を追って飛んで来る。 ダメよと止まり木に移してサッと離れようとしても無駄、 飛行速度にはかなわず、簡単にまた肩に止まられてしまう。 そこで高野さんの鏡にここへ移ってもらうことに…

イッパチ

この白い紙の上は イッパチ広場と命名されている。 鏡の前には手製の止まり木。 メガネのような台座は、ガラスの花瓶立てだった。 その花瓶が割れたので台をそのまま止まり木にしていたら、 舐めるんだよね。 アルミを舐めちゃボケるじゃないか。 鳥のボケっ…

 ミロとイッパチ

照子さんが怪我をした翌日、オカメインコのミロを母の部屋から連れてきた。なので毎朝、ミロの籠の掃除も日課となっている。 母は八王子に越してきてから、犬も猫も飼えないのでせめて鳥をということで、オカメインコを飼い出した。ミロという名前は死んでし…

 今年のチビたち

今年最初の卵から孵ったチビたち。だいぶ金魚らしくなってきた。一昨年、金魚を増やしたら卵を産み始めて、以来孵化させ育てるのに試行錯誤を繰り返している。昨年は20匹ほど近所のかたに差し上げたのだが、結局手元に残ったチビたちは全滅してしまった。 …

 ご近所のワンちゃんたち 

アドヴォケイト時代の写真 2 ご近所のナデナデ犬の写真があった。 しかし今はもういない。 犬の寿命は短くて悲しい。 四季夏子 -1- http://homepage2.nifty.com/natsuco/shiki-natsuco1.htm

 店番をする犬

アドヴォケイト時代の写真 1 そういえば昔撮った写真が少し残っているので、それを載せよう。 このワンちゃんは、20号線に面した八王子商店街の、とある店の看板犬。ご主人の許可なしに、この位置より前には出たことがないのではないだろうか。とてもおと…

 収容動物たち

頼まれて 毎日 収容動物情報のサイトを見ている つらい つらい 甲斐犬なのだけれど その種の枠が設けられていないので 「雑種」「柴」「柴雑」 を見ることになる その子らの顔をみるたび 胸が痛くなる 収容期限が どんどん近づいてくる犬たち つらい つらい

 イッパチ

イッパチという名のわが家のセキセイインコが、言葉を覚えた。ぶつぶつとなにやら一人で喋っているので、「イッパチいい子、いいインコ」とその度に数度繰り返して声をかけてきた。最近ようやく「イッパチ」と言っているのが明らかに解るようになってきた。…

 イッパ

「ッパ」がつくのはナッパ教の権現名であるが、このありがたい名前を教祖から拝受されたのは、わが家の新参者のセキセイインコである。そうなのだ、セキセイインコを買ったのだ。オークンがいなくなってからというもの、鳥籠も主をなくして寂しげであり、ま…

 オークン

昨年中に、やはり書いておくべきでした。新年のご挨拶の後ではやはりつらいです。 12月30日の昼、天へ召されていきました。 朝は変わりなく、自ら練り餌をつついてくれました。そこで、少しずつ慣らそうと鳥籠に入れたのですが、気が付くと元気がない。…

 今日のオークン

今日もよく食べてくれる。だけど足もおかしいんじゃないかと気づいてしまった。左足がつらそうなのだ。むやみに飛んで落下を重ねているので、傷つけてしまったのだろうか。それとも、あの時わたしが踏んで・・・。もともと足が弱いのに、うーん、ごめーーー…