~~~~~~~~次回出演~~~~~~~~

9月13日㈮「神楽坂のソウルフルナイト」<オ・シャンゼリゼ>(神楽坂)
歌:ほさか夏子
演奏<La Maladie D'Amour>pf.Frédéric VIENNOT gt.白𡈽庸介 bs.立原智之


詳しくはこちらからどうぞ⇒ ほさか夏子のスケジュール

こんだけしか乗れない、ってどうなのよ。

新宿駅でたまたま京王ライナーが出発間近だった。始まったばかりのサービス、乗ろうとしたら指定券を買わないと乗れないのだと言われ、ホームの売り場にいる駅員に頼み一枚購入、滑り込み乗車。なあんだ、明大前からはみんな普通席になるんじゃないか。それ…

チューブの容器は真ん中でチョキンのココロだ

八王子でゴミの分別が変わってからもう何年になるか。 母の引っ越しなどがあったため、 私はかなり詳しく分別方法を理解している一人だと思う。 冊子を読むと結構複雑で、 可燃、埋め立て、プラ、缶、壜、新聞、雑紙、衣料、粗大とあるのだが、 それぞれに注…

再生可能エネルギーのためだったら料金の値上げなんて問題じゃない

値上げ?再生可能エネルギーのためだったらどうぞどうぞ、と言う人は多かろう。 でもな、その金で原発を建てられちゃったらこまるんだ。 料金があやふやっちゅうのがいかん。ごった煮にせんでくれ。 だいたい電気会社が選べないっちゅうのがおかしいよな。 …

暗雲が、ほらまた立ち込めはじめた

「人的ミスがないように」だとお? ありえねえ! 「今回の経験を踏まえ、より安全に」だとお? 自然をなめんじゃねえ! ニュースが流れるたびに、おばさんはイライラし通しだ。 それにしても、おい、マスコミ! さんざんその国策に加担してきたんじゃないか…

プラゴミのなんと多いこと!

10月から八王子のゴミの出し方が変わってね、プラゴミを資源ゴミとして回収してくれるようになった。以前から週一の埋め立てゴミ回収日にはため息をついていたのよね、なんでこんなに溜まるのぉって。八王子の埋め立て処分場がもう危機的な状況にあるのは…

 オロオロ

北極の氷が、観測史上過去最小になってしまったとか。 白熊さんかわいそう。 オロオロ。 温暖化が進み、一気に氷河期がやってくるという映画があった。 なんでも、北極圏の冷たい海流が南下し、 気圧に異常な変化をもたらし、 逆台風のような凄まじい低気圧…

 必要悪と思い込まされていないだろうか、原発

意外と知らない人がいるようだ。 電力会社のコマーシャルを鵜呑みにしてはいけない。 日本は「これだけ原発に頼っています」と表を見せる。 でも原発は常に「フル稼働」するものなのだ。 必要な分だけ電力を作るということはできない。 だから占める割合が多…

 食は人を作る

一昨日、夫が神奈川岳連の指導員総会から帰ってきて、 ハンバーガーを食べながらしみじみ語った。 ちなみに、どうせ夫のこと、酔っ払って帰ってくるし 帰宅の時間がわからないからと、夕食の仕度をせずにいた私。 そんな私を百も承知の彼は、 帰宅途中ファー…

 自民党に生き続けるA級戦犯を免れた岸の妄想

そういえば憲法記念日というものがあったのだった。 「あの戦争で唯一得たものは憲法だった」 と誰かが言っていた。 こんなに重みのある言葉はそうあるものではない。 日本が軍隊を作ったからといって、 軍備を増強したからといってたかが知れている。 どう…

清太郎さんの森

写真は4月に行った保存林で撮ったもの。 昨日ね、NHKのBSで 「清太郎さんの森」という番組の再放送を見ました。 とっても素適でした、清太郎さんも森も。ネットで検索したら多くの方々がすでに記事にされていました。 こちらは清太郎さんの森の四季を…

恩返し

以前通信に書いたことがあるのだが・・・。 山人がこんなことを本に書いていた。 「山岳会はタイムラグのあるギブアンドテイクだ」と。 山岳会を人生に置き換えても同じだと思う。 数え切れないほど多くの人々から、 数え切れないほど多くの優しさを、教えを…

なんと呼びます?

「主人が・・・」といっている女性を見ると、 私はそれだけで評価を下げる。 「お前は奴隷か、召使か」ってなもんである。 ところが、相手の連れ合いに対するいい日本語が見つからない。 名前を知っている場合はいいのだがそうでない時、 「ご主人さまはお元…

人しか通れない橋

いいや、ペットも通れる。 夜中には狸なんぞも通っているかも知れない。 でも車は通れない。 りっぱな橋。 秦野にあるりっぱすぎる橋。

 蓮とエネルギー

昨夏、山仲間の見舞いに山形へ行った折、蓮畑一面に花が咲いていて、思わず車を止めて携帯で写したのだった。 その時素敵な親子愛に触れることができて感動したことをこの写真とともにあるブログに書いたのだが、そのブログの記事を全て削除してしまったので…

 2003年9月 秘密の花園シリーズ(カメラ・アドヴォケイト)

「白い花と青信号」 「今何時?」 と大人に聞くとたいていこんな答えが返ってきた。 「四時半」とか「六時」とか。 子供の頃、それが嫌だった。私にとって4時27分は四時半なんかじゃなく、6時3分も六時なんかではなかった。 いつも不思議に思っていたこ…

 洗剤

洗剤の種類ってすご〜っくたくさんありますよね。CMの数も多い。でもそんなに種類は必要ないんじゃないだろうか。こんなに掃除嫌いのわたしがたま〜に掃除するときでも、ほとんど洗剤など使わなくても間に合ってしまうのだから。台所用と洗濯用の洗剤をち…

 重く黒い塊

核、戦争、宗教、民族、欲望、人の心の中の闇、・・・。仕方がない、そんなもんさと考えるには、私の器は小さすぎる。重く重く、暗く淀んで沈み、黒い塊になって臓腑にのしかかる。どうしようもない、逃げ場のない、一筋の光さえも見つけようのない、とてつ…

 墓なんかいらない

こんな話題のついでに、書いてしまおう。 理想は土葬だ。虫やら微生物に食べてもらって、木々や花々の栄養になりたい。鳥葬だっていい、どうか食べてくれ。しかし今はそうはいかない。石油を使って燃やさなければならない。どうせ燃やすなら河原で大きな焚き…

 臓器移植とクローンの話

もうずいぶん前から、臓器移植に関しては当たり前のように報道されているし、ドナーカードを携帯しようという運動も盛んだ。死んでしまったのだから、もちろん私も肉体などどうされようといい。誰かの役に立つのなら、そんな嬉しいことはない。けれど、臓器…

 追記

私は臓器移植には「反対」なのです。その言葉を使うのをためらったのは、人間の切ない願望をどこかで認めてやりたかったからです。そして、きっと止められない現実でもあるからとの諦めもあります。しかし、こうなる前にもっともっと命について語り合って欲…

 掴めるものは掴め

どうも南瓜らしい。生ゴミで土を作っているから種が紛れ込んでいたらしく、思わぬ所から芽を出しいつの間にか成長していた。蔓、きれいだねぇ。素晴らしい造形、自然はすごい。 そうだよな、掴めるものは掴まなきゃ。頼れるものには頼らなきゃ。できないから…